ほしよみ癒しの実

元占い師、現在はごく一般的OLの視点で、 日常簡単に出来る癒しや開運法、ストレス対策他、型に囚われない自由を発信する雑記ブログ

>

どうしても嫌な人がいる時試してみて欲しい事

 

 

こんにちは、ほしよみです(*^^*)

 

 

 

 

どうしても嫌な人がいる時、あなたはどうしていますか?

 

ほしよみは、幼少期から人付き合いが苦手・・・というか、好き嫌いが極端でした。

だいぶ自分自身の心の振れ幅には慣れてきましたが、

それでも苦手というか、あんな風になりたくないな・・・

と思う人は、どんな所に行っても出くわします。

 

 

ただ「あんな風になりたくないな・・・」

と「あの人嫌い」では、自分の心のダメージがだいぶ違います。

客観的なので、余裕があるんですね。

対等でもないし(笑)

 

 

ここで、今回のお題。

「どうしても嫌な人がいる時試してみて欲しい事」です。

 

 

まず、相手のどこが嫌なのか、出来るだけ冷静に、よく考えてみましょう。

ストレスだらけに張り合い続ける事は、基本お勧めしません。

もっと冷静に、落ち着いて考えてみましょう。

 

 

次に、

自分自身、今現在どこの要素が反応しているのかを考えてみましょう。

 

 

相手と自分は、同じ要素で張り合っているか、

真逆であるか、たいていどちらかだと思います。

 

 

まず、同じ要素で張り合っている事に気付いた場合、

類は友を・・・だとか、

そもそも対等ではないし(相手の方が劣っている、もしくはその逆)

など、同じ要素であるという部分にナーバスになったり、

何かをジャッジしようとする必要はありません。

 

引き寄せの法則を思い起こして反省する事も、いったん脇へ置いておきましょう。

 

 

どこが張り合っているのか、というのは言い換えれば

単に、右足同士だな、とか、右足と左足同士だな、

という振り分けです。

ストレス要素の特定です。

 

 

この振り分けが終わったら、

自分という人間を、

多くの要素がひしめく一つの集団に置き換えてみて下さい。

 

嫌な人に反応して張り合っている部分は、

「自分」という世界の集団において、

何かを背負っている部分、

もしくは誰か(何か)を守っている部分です。

 

 

ですから、

張り合う要素、反応している要素イコールあなたの一番強い要素なのです。

人間性とか精神性とか、そんな次元の事はさておき、

あなたを一番守ろうとしている

あなたの一番強い部分です。

ここは忘れないで下さい。

ストレスを感じている位だから、一番弱いとか劣っているとか思う必要は一切ありません。 

 

そのストレス引き受け要素を、仮にAとしましょう。

そこでAを、

誰かの、もしくは集団の仕事を一人で背負いこんでいる自分(もしくは大切な人)に見立ててみましょう。

 

 

かわいそうになってきませんか?

いくら一番強くても、何だか手を差し伸べたくなってきませんか?

 

 

ではここで、Aの負担を減らしてあげましょう。

 以下の事を考えてみて下さい。

 

 

あなたはAの為に、何が出来ますか?

そして集団は、何をしなければならないですか?

 

 

あなたはあなた自身の為に、何が出来ますか?

あなたは何をしなければならないですか?

 

 

 

実はそれは、あなたが嫌な人には無い何かです。

もしくは欠けている何かです。

 

 

意外なように感じる場合が大半かと思いますが、

嫌な人に無いもの欠けているもの

イコールあなたののびしろです。

ニュアンスとして、無いもの欠けているものとも少し違います。

 

 

それは優しさだとか、思いやり、もしくは冷静な判断力かもしれませんし、

外見を磨く事かもしれないし、仕事を頑張る事かもしれません。

 

本当に意外なようですが、あなたが嫌と思う相手には、あなたののびしろ部分が異常に欠落している場合が多いのです。

 

 

これは、あなたが成長した後になって納得出来るかと思います。

 

 

 

ですから、その嫌な人、相手には無いか欠けている部分を成長させて、

相手を打ち負かして下さい。

最初は自己満足の範疇でも構いません。

 

ここで初めて勝ち負けにこだわる事で、

相手と同じ土俵だったものが、少しづつ離れていきます。

 

 

 

一人で何かを背負い込んでいる要素Aは、

今単独で働いている要素です。

 

 

Aは、

自分が頑張らないと、自分の大切な人(達)は、

多くのダメージを受けてしまう危険を感じているのです。

 

 

 

自分が一番強いから、他を守ろうとしているのです。

ストレスを感じているのは、大切な自分自身の危険を察知しているからです。

このままだと相手にどんどん傷つけられる危険を感じているのです。

 

 

抑え込むのではなく、他の集団全体を成長させましょう。

出来るだけ自由に。

 

Aが一人(一つ)で背負い込まなくても良い程度まで、他の要素を活性化させましょう。

Aを安心させてやる位の心意気で、ちょうど良いと思います。

 

 

精神の安定やバランスを考え過ぎて、突出したAを抑えこむ事はナンセンスです。

 

 

嫌なものを嫌だと思う感性を閉じ込める必要はありません。

そんな事をして能力にまで蓋をしないで下さい。

自分を大事にして下さい。

あなたは自由にあなたのままで良いのです。

 

 

 

多角的に見て、

嫌な人の嫌ではないかもしれない部分を探す事は大切ですが、

あまりに時間を取られるようでしたら、

この方法をお勧めします。

 

今まで知らなかった事や、見えなかった事も見えてくるかもしれません。

 

 

あなたはあなたのままに成長する事が出来るのです。

自由に成長する事が出来るのです。

 

 

 

活性化していた部分に他の部分が追いついて来た頃、

嫌な人の事は、大好きになるわけではありませんが、

「あんな風にならなくて良かったな」って思う程度のものになっているはずです。

 

嫌な人から受けるダメージの程度が、全然変わっているはずです。

 

相手に入り込まれないバリアが張られたと、感じる方もいるでしょう。

 

 

そうして日々を出来るだけ快適に、ストレスフリーに過ごしましょう。

 

 

それでは皆様のご多幸をお祈りします。

以上ほしよみでした(*^^*)

 

f:id:hoshiyomi2525:20181106192201j:plain