ほしよみ癒しの実

元占い師、現在はごく一般的OLの視点で、 日常簡単に出来る癒しや開運法、ストレス対策他、型に囚われない自由を発信する雑記ブログ

>

身内の愛はゆりかごか試練か光線か

 

 

こんにちは、ほしよみです(*^^*)

 

 

 

今日は何とも複雑なタイトルですね。

身内の愛はゆりかごか試練か光線か。

 

 

ゆりかごは、わかりますね。

普通皆さま、ご存知の通り、温かな愛です。

与えられた方も、与えられたかどうかという方も、

皆さまがイメージする一般的な温かいものです。

抱きしめられた温もりや、心から感じた温かさ。

数えあげれば限りあるものではありません。

 

 

 

これとは別に、言い方を悪くすれば毒親、アダルトチルドレンを世に放ってしまう親御さんの愛なんかは、試練と言えるものが多いかもしれませんね。

毒親というのは、必ずしも、子供を傷つけようとしてしているだけではなく、

ご自身が、祖先や世の中、地球のカルマを背負っている場合も多くありますね。

いずれにせよ、子にとってはありがたいと言える愛ではないのですが。

当然、虐待というものは許されるものでもありません。

親(保護者擁護者)も子供も傷つきます。

その上で。

 

 

 

 

この、毒親の元で育った子供は、必ずと言って良いほど、何らかの因果を背負います。

宿命の場合もあるでしょう。

ですがそれらは、背負い続ける為に背負った因果というよりは、

あなたが綺麗に浄化して下さいね。という試練の場合がほとんどでしょうね。

試練はあの世からのギフトです。

ギフトですから、極力ちゃんと受け取ってあげましょう。

この世で浄化、昇華出来た時、正真正銘この世のギフトとなります。

あの世とこの世と真逆の世界。

あの世のギフトが、きちんとこの世バージョンになって姿をあらわしてくれるのです。

大変でしょうが、乗り越える価値のあるものです。

乗り越えると言っても、形にこだわり過ぎないで下さいね。

あくまで、ご自身の魂の問題です。

そうした事も念頭に置きながら、

無理をせず、時間をかけてでも、聖なる宝物を手に入れてほしいと思います。

 

 

 

 

最後に、三つめ。

光線とは。

これは、こうしたギフトを少しずつ昇華させていった後の事になるかもしれません。

どうしても、自分一人の思考、行動、精神、魂、ありとあらゆる事を尽くしても、

乗り越えられそうにない出来事に遭遇した時、起こりうる現象の際に、届く光線のような輝きです。

 

恐らくこの段階で、苦手だったり、激しく貶められたり、ただただ憎しみしかなかった身内の事を、ご自分なりの受け入れ方で、受け入れているかと思います。

もしくは、何不自由なく育ったかのような場合は、愛について、

壮絶な悟りの場面があったはずです。

 

そこまでの、器をもってしても、どうにもならない出来事の時に。

届くのですね、光線が。

届く時は一瞬かもしれません。

まるでご自身が耐え続けてきた過去の記憶の全てが、

光線のようにして、この正真正銘大ピンチのあなたを救う為に、届く事でしょう。

そのご身内は、今この時の瞬間の為に存在したのではないかと思うかもしれません。

 

全てが、パズルのピースのようにハマる瞬間があるのです。

それほどまでの大ピンチ、出来れば避けて通りたいところではあるのですが。

 

この大ピンチを抜けたあなたに、怖いものなど無いはずです。

祝福ですね。

 

 

愛に区別はありません。

きっと宇宙はそんな風に出来ています。

 

その愛が、この世のものか、あの世のものか、現世を生きる私達の捉え方によって、

善にも悪にもなってしまうという事でしょう。

人間として生きる以上、捉え方が悪いのでも、問題があるのでもありません。

ただただ、与えられた肉体にとっての捉え方が、毒にも悪にもなってしまうという事です。

 

あの世の愛が、今は無理だなあと思う時は、どうぞ無理せず吐き出しましょう。

誰かに言う必要もありません。

 

無理をせず、少しずつで構いません。

 

宇宙の愛を受け取りましょう。

宇宙の愛は無限です。

 

 

 

以上、ほしよみでした(*^^*)