ほしよみ癒しの実

元占い師、現在はごく一般的OLの視点で、 日常簡単に出来る癒しや開運法、ストレス対策他、型に囚われない自由を発信する雑記ブログ

>

仕事をサボってしまった時、ちょっとだけ考えてみて欲しい事

 

こんにちは、ほしよみです(*^^*)

 

 

今日は、仕事をサボってしまった時、ちょっとだけ考えてみて欲しい事です。

 

 

 

決してサボりを推奨する内容ではございません。

しかしながら、否定する内容でもございません。

 

 

 

さて、このサボってしまった時というのは、

「多少具合が悪い気もするけど、明らかに気のせいで、行こうと思えば行けた時」です。

すなわち正真正銘のサボりの時ですね。

 

 

では、どうしてこのようなブログを書こうかと思ったかと言えば、

どんな時でも人間逃げ道は必要で、そんな逃げの1日も、無駄にはして欲しくなかったからです。

 

 

逃げのサボりの1日は、通常は、まず罪悪感が押し寄せるかと思います。

すごく具合が悪いわけではないから、余裕があるんですよね。

 

でもその罪悪感は、とっても大きなものでもないんですよね。

無視してしまえば何となく、通り過ぎてしまえる程度の。

 

 

でも、そんな1日気持ち良いですか?

気持ち良くないですよね。

罪悪感を糧に、二度とサボったりしなければ良いのですが、そういう簡単なものでもないのですよね。

 

 

 

反省する事は大切ですが、サボってしまった1日は早い段階で、ちょっと以下の事を考えてみて欲しいのです。

 

 

 

今日1日をどんな風に過ごしたいか。

 

今後どんな風に今日1日を役立たせるか。

 

 

この2点です。

 

 

例えば、ぐっすり眠るでも、家でゴロゴロするだとか、真面目に頑張っている人からしたら、ふざけんな!って思うような事でも構いません。

 

あなたが明日から、もしくは近いうちに、存分に力を発揮する為の休息であるなら、

長い目で見た時に「まあ、仕方が無いか・・・」と思えるような1日にして欲しいのです。

 

 

罪悪感は大切ですが、サボった以上、有意義に休みましょう。

 

 

いつか自分が仕事で偉くなった時も、

誰かの「辛い、しんどい」に共感出来る人になろう・・・

などと思ってみるのも良いかもしれません。

 

そこから派生して、他人の過ちを許せる人になろう・・・も良いかもしれません。

 

 

何でもゆとりを強調するべきではないかと思いますが、

少しでも心にゆとりを持てる人が多い世の中だと良いなあと、思います。

 

 

自分が許されなかったから、人も許さない。

 

 

そんな許さないのスパイラルより

「許されたから、許せる人になろう」の方が心地良いなと思いませんか?

実際サボりと知って許された休日ではないかと思いますが、状況としては、許されたわけですし。

 

 

仕事によっては、1日のサボりも許されないでしょうし、

絶対に推奨するものでもありません。

 

今回は、読んで肩の荷が下りて、1ミリでも癒されたと感じる方がいらっしゃるなら

実行の機会が無くとも、十二分に喜ばしく思い作成しました。

 

 

でも、もしも実行の機会がやってきてしまった時は、せめて有意義にお休みして下さい。

自分の為に。いつかの皆の為に。

 

そしてそのうち些細な事でも

「自分は許されなかったけれど、許そう」

そんな風にも思える人達が沢山いる世の中になる事が、ほしよみの夢であったりします。

 ほしよみは、まだですけれど(笑)

 

 

 

では以上、ほしよみでした。本日はこの辺で(*^^*)