ほしよみ癒しの実

元占い師、現在はごく一般的OLの視点で、 日常簡単に出来る癒しや開運法、ストレス対策他、型に囚われない自由を発信する雑記ブログ

>

何故かイライラしてしまう時は塩風呂で邪気払いもお勧め

 f:id:hoshiyomi2525:20181119230905j:plain

 

 

こんにちは、ほしよみです(*^^*)

 

 

明確な理由があろうと無かろうと、何故かイライラしてしまう時は、ありませんか?

 

 

そんな時はぜひ、塩風呂をお勧めします。

 

 

今回は、ややスピリチュアル色濃いめな理屈が入りますが、日常簡単にお試しいただける方法かと思います。

 

 

 

万一髪やお肌に異常を感じた場合は、ただちに洗い流して使用を停止し、お医者さまの診断をお受けいただくようお願いしますので、塩風呂は、ご自身の判断によってお試し下さい(*^^*)

 

また、使用出来ない浴槽があるほか、使用回数も浴槽への負担を考えて、週3回以内程度にしましょう。

 

 

 

 

 

 

さて、イライラの原因は何でしょうか。

そんな事さえひとまず置いておき、お風呂場に持っていく塩は大匙二杯程度で大丈夫です。

 

 

必ず、精製塩ではなく粗塩をお使い下さい。

粗塩も、色々お勧めはありますが、スーパーに売っている日常的なもので構いません。

 

 

大匙二杯は、ひとり分の目安です。

この、大匙二杯を、だいたい五等分にして使います。

 

本格的に試してみたい方は、大匙二杯を全て浴槽に投入していただく事となりますが、

今回浴槽に投入するのは、五分の一です。

 

 

 

 

 

ではまず、大匙一杯半の中から、ほんのひとつまみ(五等分とは申しましたが、ここは浴室の浄化用ですので、若干少なめで良いです)浴室の床に落として、シャワーで洗い流して下さい。

 

それから、個人によってあちこち順番は前後するでしょうが、

浴槽内に、軽く多めにひとつまみ。

髪を洗うのに、ひとつまみ。

トリートメント(コンディショナー)時に、またひとつまみ。

全身を洗う際、ボディスポンジにも、ひとつまみ。

 

 

 

浴槽内にひとつまみ入れる事で、天然のお塩はイオン化されます。これは温泉成分のナトリウムイオンです。

体内の不要物を、代謝の力で上手に外へ放出するのを手助けしてくれるのですね。

 

この時、邪気も一緒に外へ放出してくれるようです。

 

 

 

 

シャンプーを手に取ったら、ひとつまみ混ぜ合わせて、そのまま洗って下さい。

塩の力が髪の毛に付着した邪気を払い清めてくれる事をイメージして下さい。

邪気は髪の毛に溜まると言われており、直接的な浄化の効果が期待出来ます。

 

 

因みに、髪の毛の痛みが気になる時は、おやめ下さい。

頭皮が健康になるという説と、髪の負担になる説と両方ございます。

ほしよみの髪質では、特に気になる事はございませんでしたが。

 

 

 

トリートメントは、すぐ洗い流すタイプと、少し置いておくタイプがありますね。

塩効果を狙う時は、少し置いておくタイプをお勧めします。

トリートメントを付けた後、頭頂部にひとつまみ、トリートメントを洗い流すまで一緒に乗っけておいて下さい。

百合(びゃくえ)とか、サハスラーラチャクラと呼ばれる位置ですね。

頭のてっぺんから、全身に浄化の力が行き渡る事をイメージして下さい。

 

 

 

 

全身も、ボディシャンプーに混ぜ込んで、あまりごしごし擦らないようにしながら、

洗い流して下さい。

 

 

最後に湯船から出たら、シャワーで良く洗い流して下さい。

完全に、全て浄化されたという気持ちで洗い流して下さい。

 

恐らく相当シャキッとしているかと思います。

 

 

ここで、シャキッとしていない場合、自分自身の中にイライラの原因が根深くあるケースも考えられます。

体調不良の他に、万が一、最近ツイてないんだよなあ、という事も連動して起こって

いた場合には、早期にご自身の中の理由を探してみて下さい。

 

理由が思い当たった場合は、都度、ヒーリングだったり、思考の切り替えだったり他諸々が必要になる場合もございますが、 浄化は開運の基本ですから、その為にも、外界からの余分な想念ごとリフレッシュ出来る塩風呂は、第一段階の施策としてお勧めです。

 

 

イライラの原因はひとそれぞれですが、

中にはスピリチュアル要素が混じっての、イライラの場合も少なくないようです。

 

 

新陳代謝を活発にさせて、色んな汚れをお風呂でキレイキレイしてしまいましょう。

 

 

お好きな入浴剤と一緒に試してみるのも、気分が上がるのでお勧めです。

きれいなグリーンも一緒に飾ったりなどして、オシャレに試してみるのもお勧めです。

 

 

では皆様、その日の汚れは出来るだけ、その日のうちに。

以上ほしよみでした(*^^*)

 

 こんな商品も!